旅するトップモデル

猛暑が続く小笠原ですが、河川に目を向けると涼しげな鳥たちを見つけることができます。

今回は、その中でも特に優雅でユニークな鳥、セイタカシギを紹介したいと思います。

 

唐突ですが、仮に鳥類界で各部門の第一位を決める世界大会を開催したなら、

サイズ部門ではダチョウ、

飛行速度部門ではハヤブサやハリオアマツバメ、

飛行距離部門ではヨーロッパアマツバメ、

潜水部門ではコウテイペンギンが優勝候補筆頭でしょうか。

そして、セイタカシギもまたある部門で世界第一位の座に君臨しています。

 

セイタカシギ Himantopus himantopus(小笠原諸島 父島にて)

 

そう、彼らは世界で最も相対的に脚の長い鳥、まさに鳥類界のトップモデルなのです!

 

英名は和名以上に名が体を表しており、Stilt(竹馬)と呼ばれています。

まさに竹馬と呼ぶにふさわしい脚の長さですよね!

 

この長い脚はダチョウのように速く走ることに特化したものではなく、餌を採る際にその真価が発揮されます。

セイタカシギは主に湿地や水田にて、魚類や甲殻類、水生昆虫等を捕食します。

その際、長い脚をもつ彼らは競合する他の湿地性鳥類よりも、水深が深い場所までアクセスできるというアドバンテージがあるのです。

 

小笠原諸島 父島にて

 

海洋島である小笠原にも分布しているだけあって、セイタカシギの世界的な生息域は広く、私自身オーストラリア北部や台湾、中国(杭州)で確認したことがあります。その他にもアメリカ南部から南アメリカ、アフリカ、ヨーロッパまで、多くの地域に不連続的に分布しているようです。

 

日本国内でも広く確認されており、小笠原では主に汽水域で見られますが、一般的には休耕田を含めた淡水域を好むとされています。

かつては珍鳥とされていましたが、近年では愛知県のほか、東京都や千葉県などで繁殖しており、東京湾周辺でも周年生息しているようです。

 

秋田県のとある湿地にて

 

それにしても、この圧倒的スタイルに加え、白色の体、光沢のある黒い羽、ピンクの長い脚、黒く長い嘴と、色彩・形状も含め本当に芸術点が高いですよね。

その美しさと優雅な佇まいから「水辺の貴婦人」と呼ばれているそうです。

 

そんな彼らが絶海の孤島にまで飛んできてくれるのですから、彼らのサービス精神には頭が下がる思いです。

 

担当:村上



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。