Let’s Share! MaiMai World〜マイマイたちと楽しい思い出を作ろう!〜

かつて父島の野外では、固有のカタツムリ(マイマイ)が至る所で普通に見られていましたが、外来のネズミ類やプラナリア類によって、その数は一気に減少してしまいました。

現在の対策方法では、野外の環境で守り続けていくことが困難なので、生息域外保全(本来の生息地から安全な施設等に移して保護すること)という手法を用いて彼らを守っています。平たく言うと、「飼育室で育てて、次世代を残し、絶滅を避ける」というものです。

私たちも微力ながら、そのお手伝いをしています。

 

そんなこんなで現在、小笠原世界遺産センターでは数千個体ものマイマイたちが飼育されています。いずれも、とても大事に飼育しているため、普段はなかなかその姿を見ることはできません…。

 

そこで!

 

いつもは表に出てこないマイマイたちをもっと知る、もっと身近に感じる!

そんなイベントが今年も開催されます!

 

詳細はこちら↓↓↓

 

皆さまのご来館、お待ちしております!

 

担当:芦澤



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。