淡水のフナムシ、ナガレフナムシ

私は、幼少期から趣味で川の生き物を探し続けている川好きです。

小笠原といえば、川より海に目が行ってしまいがちですが、川にも面白い生き物がいるんです。以前にオガサワラヨシノボリのブログを書きましたが、今回は固有のフナムシを紹介します。

 

さて、フナムシといえば、海岸にいるゴキブリのような生き物という印象が強いのではないでしょうか。同じ節足動物には属していますが、ゴキブリは昆虫類、フナムシは甲殻類でダンゴムシなどに近い仲間です。

海岸で寝ながら釣りをしていると足を齧ってきたりする、ちょっと凶暴な一面を持つフナムシですが、小笠原には山間の渓流部などに生息する「ナガレフナムシ」なるフナムシが存在します。

ナガレフナムシ(Ligia torrenticola)固有種。

 

ナガレフナムシは2011年に新種記載された種で、淡水域を好み、海岸部では見られません。

何ゆえに、彼らは海を離れ淡水域で生息することを選んだのか。それは今後の研究で解明されていくのかもしれません。

因みに、私はナガレフナムシに足を齧られたことはありません。ちょっと臆病なのかもしれませんね。

 

小笠原には他に海岸に生息するアシナガフナムシや、母島の山間部に生息する、純陸棲の種であるオガサワラフナムシが確認されています。フナムシの仲間が小笠原の中だけでこれほど多様な環境に適応しているのは、驚きというほかありません。

 

ナガレフナムシを撮影していたら、他の生き物の写真も撮れたので、載せておきます。

お時間があれば、ご覧ください。

ヤマトヌマエビ(Caridina multidentata)広域分布種。

水槽のコケ取りとして、ペットショップでおなじみ。

オオウナギ(Anguilla marmorata)広域分布種。

熱帯域に広く分布し、小笠原の河川ではよく見られる。

 

担当:小山田



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。