この痕跡の主は?

野生動物の調査では、足跡や糞、樹幹に付けられた爪研ぎ痕などの痕跡によって、種類や行動を読み取る「痕跡調査」という方法が用いられています。

 

雪上のテンの足跡、イノシシのヌタ場、樹の鹿の角研ぎ痕、リスなどがマツの実を食べた後に残る”エビフライ”が有名でしょうか。また、この痕跡をフィールドサインと呼んだりします。

 

先日の母島出張で、とある動物の痕跡調査を行ったのでご紹介します。

 

その動物とは…

 

ヒメカタゾウムシです。

 

小笠原諸島に固有の昆虫で、最近の研究では13種類にも分かれていると言われています。これらを総称して、「ヒメカタゾウムシ類」とも呼びます。

 

 

葉上を歩くヒメカタゾウムシ

(左は石門周辺に生息する種類、右は乳房山周辺に生息する種類)

 

実は、昆虫も種類によっては、とても分かりやすい痕跡を残します。

 

このヒメカタゾウムシ、成虫は植物の葉の柔らかい部分を食べていて、その食べ痕はゼリービーンズのような、小さなミミズのような、何とも言いようがない模様です(皆さんは何を思い浮かべますか?)。また、ヒメカタゾウムシが多くいる場所では、周囲の葉にびっしりと食べ痕が残ることもあります。

 

 

 

ヒメカタゾウムシの食べ痕

 

小さなヒメカタゾウムシですが、特徴的な食べ痕はとても目立ちます。ちょっとマニアックですが「痕跡」を頼りにして、この綺麗で愛らしい昆虫を探してみるのはいかがでしょうか!

 

 

〜おまけ〜

ヒメカタゾウムシが食べていた植物

モクタチバナ Ardisia sieboldii

ヒメツバキ schima mertensiana

オオバシロテツ Melicope grisea

フトモモ科(Myrtaceae)の一種

シマホルトノキ Elaeocarpus photiniifolius

アカギ Bischofia javanica

キバンジロウ Psidium cattleianum

オオシラタマカズラ Psychotria boninensis

 

島や地域にもよりますが、ここ母島でのヒメカタゾウムシは、固有種を含む様々な植物に育まれているようです。食べ痕が付いている植物はまだまだ見つかりそうです!

 

〜おまけのおまけ〜

小笠原の植物を調べる時に、とても頼りになる「小笠原植物図譜」という図鑑があります。

いくつかの植物にヒメカタゾウムシの食べ痕がしっかりと写っています。お持ちの方はパラパラとめくってみてください。(私だけかもしれませんが、見つけたときに妙な喜びを感じました…

 

 

※遺産地域に関連する各種法令等を遵守し調査を行っております

※本ブログ内の写真の一部は環境省事業内で撮影しております

永野

 

〜ヒメカタゾウムシ類について〜

体長は5〜7mm内外。おもに在来樹林に生息しており、後翅が退化しているため移動は歩行のみです。小笠原諸島に固有の昆虫で、最近の研究では島や環境ごとに13種類にも分かれていると言われています。写真の種類のように、ラメラメの美しい外見のものや、黒や茶色の地味なもの、住処も樹上や土壌中と様々です。成虫が良く見られる時期は6〜7月と言われています。現在、研究が進められていますが、生活史等にはまだまだ不明な点が残されています。



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。