アノール探索の新兵器

アノール探索の新兵器

 

ドローンに続きアノール探索の新兵器がやってきました!

 

Goproの外観(5cm四方程度のコンパクトな大きさ)

 

最近、主にスキーやダイビング等のレジャーで一般の人も使い始めている、小型カメラのGoproです。

小笠原でも手にしている人を見かける事があるのではないでしょうか?

 

空を飛ぶドローンからは、樹冠のアノールしか探索ができませんが、このカメラを調査員が携行して現地を歩けば、林内のアノール発見にも役立てられるのではないかという発想です。

 

実際に野外で撮影すると・・・こんな感じです。

 

Goproで撮影したアノール(赤丸内)

 

まだ、アノールを探しに行って、見つけた場所がどのように映るのかを試験的に撮影している状態ですが、アノールが映っているのが分かりますか?

 

Goproは通常・広角・super viewの3つの画角が選べ、右にいくほど広い範囲の撮影が可能です。画角が広いほど広範囲のアノールを探すことができますが、あまり広すぎると画質が低くなって画像でのアノールの判別が難しくなるので、程よい画角がどの辺なのかなど、現在試行錯誤の段階です。

また、小型のためヘルメットに装着して撮影ができます。100g程度ですが、実際に装着して歩くと結構首が疲れました・・。とはいえ、過酷な環境の兄島で手を塞がずに撮影できるというのはかなりの利点です。

 

5月に新入りとして迎えたばかりなので、まだまだ試行中ですが、いずれは他の調査の調査員に装着してもらい、アノール探索を兼ねる事ができればなぁと考えています。

 

 

おまけ

環境省レッドリストでは準絶滅危惧(NT)に選定されているルリカメムシ(Plautia cyanoviridis

 

アノールの撮影テスト中にルリカメムシを発見しました(指をさしている場所)。

他の場所では、交尾中のルリカメムシにも出会う事が出来ました。

父島でも見られるので、小笠原に来た際にはこの鮮やかな緑のカメムシを探してみてください。

(ルリカメムシの発生時期は6月〜7月頃です)

 

 

秋元



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。