アノール探索の新兵器

 

「ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン」

 

どこからともなく音が聞こえてきます。

ハエでしょうか?クマバチでしょうか。

 

いいえ、ドローンです!!

 

何故ドローンが?誰かが自撮りしてる??

 

いえいえ、違うんです。昨年の秋、兄島に生息するグリーンアノール を探索するため、なんとドローン空撮部隊(隊員2名)が結成されたのです!

今回は、そんな初々しい部隊員によるドローン空撮でのアノール探索の現状について紹介します。

―写真1 兄島から飛び立つドローン(使用機種:Mavic pro)

 

これまで兄島では、粘着トラップを使ってアノールの捕獲と探索を行ってきました。

しかし、急峻な地形が多い兄島では、人が歩いていくことができず、アノールがいるのかどうかすら分からない場所も多く存在しています。

そこで活躍するのが、無人航空機“ドローン”というわけなのです!

 

ドローン空撮と聞くと、自撮りや上空からの風景撮影など、「手軽に高精度の撮影を楽しむもの」を想像されることかと思いますが、対アノールはそんなに甘くはありません。かなーり低空、植物の真上ギリギリを飛行させるんです。(操作を間違えるとあわや墜落…)

―写真2 樹冠センサス中の様子

 

さて、いざ撮ってみてどうだったかというと…。

 

 

 

思っていたほど映っていませんでした。。

 

まだ兄島ではアノールの密度が低いという現れなのかどうなのか。喜ばしい反面、めぼしい動物が何も映っていない動画をずっと見続けるのはかなり辛いです(苦笑)。

 

以下に、見つかった動物たちをご紹介します。アノールの他にも映りたがりな生き物が…?

 

グリーンアノール Anolis carolinensis

オガサワラトカゲ Cryptoblepharus nigropunctatus(固有種)

オガサワラゼミ Meimuna boninensis(固有種/天然記念物)

シマアカネ Boninthemis insularis(固有種/天然記念物)

 

ドローンを使ったアノール探索、まだまだトライ&エラーを繰り返している真っ最中ですが、使える技術として確立できるよう今後もドローン部隊、出動してまいります!

 

※航空法を遵守し、周辺に人および鳥類等がいないことを確認して、安全に十分に配慮した上で飛行しています。

 

担当:芦澤



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。