二度目の参戦、例大祭相撲大会

2017年11月2日、今年も例大祭相撲大会に参戦しました。個人戦77名、団体戦14チーム(1チーム5名)のエントリーです。昨年は、個人戦、団体戦とも初戦敗退で、取り組み時間は2つ合わせて5秒程度で終わってしまい、今年こそ初勝利をと臨んだ大会です。

 

個人戦は、初戦が団体戦2連覇(今年も優勝したので3連覇になりました)さくらドロップの一角を担う相手、強敵です。いつものように突貫するのみと立ち合い突っ込みましたが、相手が右にかわり、とっさについていって右上手をとれたので、そのまま土俵際での上手投げが決まりました。場内は大番狂わせに大騒ぎで自分でも何が何だかわからないうちの初勝利でした。動画があれば是非もう一度見たいものです。

 

二戦目は、大人気の高校生が相手です。まわしをとられると勝ち目は薄いですが、私の方が体は大きいので低く当たって押し出せば勝機もあるはずです。立ち合い、思い通りの当たりで相手を押して、土俵際そのままあびせ倒すような形で勝つことができました。

個人戦の二戦目 土俵際まで押して浴びせ倒しでの勝利

なんとかベスト16に残ることができましたが、ここから先は全員実力者ぞろいです。三戦目は、役場の方で私よりも随分体格のいい相手です。いつものように突貫しましたが押すことができず、両差しを許してあっさり投げられてしまいました。完全な力負けです。

個人戦の三戦目 土俵中央でもろ差しを許し下手投げでの敗戦

団体戦は、大神山Aチームとして漁協Bチームと最初に対戦しました。一回戦は3対2で勝ち越し、何とか次にすすむことができましたが、二回戦の支庁チームには2対3で負けてしまいました。しかし、団体戦はチームで戦うので、同じチームの仲間と連帯感が生まれ、応援にも熱が入りました。

団体戦の一回戦 低く当たって押し出しでの勝利

今回の相撲大会は、初勝利はもちろんですが、個人戦はベスト16まで進むことができ、はじめて懸賞金もいただきました。団体戦でも2戦とも勝つことができたので、正直できすぎだったと思います。島の友人や知人からも応援してもらい、顔と名前も覚えてもらったので、本当に出てよかったと思います。来年以降も出場するつもりです。

 

北浦



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。