父島で発見、オガサワラクマバチ

父島の昆虫相はグリーンアノールの影響等により著しく衰退し、とりわけ昼行性の小型昆虫はその姿を見ることができなくなってしまいました。
しかし、アノールの捕食対象になりにくいサイズの昆虫は、今でも時々見かけることができます。

オガサワラクマバチは国の天然記念物に指定されている固有昆虫です。6月頃になると枯死木に営巣し、せっせと子育てに勤しみます。運が良ければ営巣中のかわいらしい姿を見かけることができるかもしれません。
派手な音で飛び回る姿は多くの人にとって恐怖の対象ですが、性格は比較的温和です。(とはいえ、メスは毒針を持つので刺激は与えない方がいいですが…)
是非、注目してみてください。

オガサワラクマバチ(♀)           オガサワラクマバチ(♂)

・オガサワラクマバチ Xylocopa ogasawarensis(天然記念物、準絶滅危惧)
 

担当:小山田



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。