小笠原村軟式野球大会参加

自然研小笠原事務所では、今年から野球チームを結成し、小笠原村の軟式野球大会に出場しています。野球大会は夏季と冬季の2回行われており、大会初参加となった夏季大会では、2試合を行いましたが、いずれもコールド負けという散々な結果に終わりました。そして、11月28日より、冬季大会がスタートし、自然研チームも夏のリベンジをかけて初戦を迎えることとなりました。初戦の相手は島の高校生チームです。

今回も序盤から相手チームに圧倒されるかと思いきや、エースの好投と、少ないながらも積み重ねてきたバッティング練習の成果もあり、3回終了時点でなんと1点差で自然研チームがリード。その後も追加点を加えこのまま試合終了かと淡い期待を抱くものの、最終回表でついに逆転され、1点ビハインドに…。後がなくなった最終回裏の攻撃、ヒットをつなげ、早々と同点に持ち込み、その後も満塁で一打サヨナラのチャンス。このチャンスで打席に立ったのは監督兼選手の所長です。皆が不安な視線で見つめる中、所長がやってくれました、ボテボテのサヨナラ内野安打!さすが髪ってる、もとい神ってる男。決める時は決めてくれます。所長含め皆の活躍により3戦目にして、見事、初勝利を手にすることができたのでした。

冬季大会はリーグ戦後上位チームが決勝トーナメントへ進みます。野球未経験者の多いチームですが、夢は大きく、決勝トーナメント進出を目指して頑張ります!

サヨナラ勝ちを決めた所長の一発
熱戦の結果



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。