忍法・影分身の術 其の二

過去の記事(http://ogasawara.jwrc.or.jp/?eid=85)でメスのみでクローン繁殖するヤモリ、オガサワラヤモリについて説明しましたが、今回はその第二弾となります。

 

オガサワラヤモリは全個体がメスで各々が自身のコピーを産んでいくため、理論上すべての個体が同一のクローンとなるはずです。

 

しかし!実は小笠原諸島には2種類のクローンが分布しているのです!!

見比べてみると明らかに背中の模様が違いますよね。

この記事では便宜上写真左をクローン1、右をクローン2と呼ぶことにします。

 

ヤモリ類はカメレオンと同様に体色が背景に併せて変化するのですが、斑紋の位置・大きさは変化しません。

クローン1は胴体背面に一対の斑紋が連続しているのに対し、クローン2では頭部と首の付け根および尾の付け根背面に黒い斑紋があるのが確認できます。これら斑紋の配置の違いからクローンを識別することができます(野外での識別は難しいですが…)。

 

また、親子判定にも利用されているアロザイム解析やマイクロサテライト解析と呼ばれる方法でDNAをクローン間で比較してみると、種内変異の域は出ませんが違いがみられることがわかっています(Yamashiro et al., 2000; Murakami et al., 2015)。それに加え、染色体数も異なっていることもいくつかの研究論文で報告されています(Yamashiro et al., 2000)。

 

さらに!クローン間で性格も異なっていることがわかっています!

端的に言えば、クローン1は餌場などを巡って激しく争う好戦的なタイプであり、

一方でクローン2は夜間も隠れている時間が長く、争いを好まない臆病なタイプであることがわかっています。

まとめると小笠原諸島に生息するオガサワラヤモリには2種類のクローンがいて、これらは形態的にも遺伝的にも生態的にも異なると考えられています。

これはもはや別の生き物といっても過言ではないでしょう。

 

また、小笠原と同じ海洋島として知られる大東諸島にはなんと17種類ものクローンが分布しています(Yamashiro et al., 2000)。これらについてもまた別の機会に紹介したいと思います。

 

さて、単為生殖をはじめとする無性的に増える生物の欠点として、遺伝的に単一になってしまうことが挙げられます。遺伝的に単一だと、当然病原菌などへの耐性も皆同じになるわけですから、環境の変化や病気の流行によって絶滅しやすいと考えられ、長期的にみると有性生殖種に比べて不利だと言われています。だからこそ多くの動物には性別なるものが存在するわけです。

 

しかし、オガサワラヤモリに様々な種類のクローンがいることを考えると、遺伝的多様性を高める何らかの手段を持っているように見えます。

だとしたら、「本当に生物にオスは必要なの?」と私も男ですが疑問に思ってしまいます。

 

ヤモリ一つとってみてもこんなにも不思議で神秘的。

やはり生き物の世界は底が見えませんね。

担当:村上

 

YAMASHIRO, S., TODA, M., AND OTA, H. 2000. Clonal composition of the parthenogenetic gecko, Lepidodactylus lugubris, at the northernmost extremity of its range. Zoological Science 17: 1013–1020.

 

MURAKAMI, Y., SUGAWARA, H., TAKAHASHI, H., AND HAYASHI, F. 2015. Population genetic structure and distribution patterns of sexual and asexual gecko species in the Ogasawara Islands. Ecological Research 30: 471–478


小笠原のオカヤドカリ紹介

ペット大国である日本は、犬、猫、鳥のみならず、ゾウガメやカエルといった爬虫両生類や、はたまた昆虫類の飼育が浸透している国ですが、今回は人気のペットの1つ、オカヤドカリについてご紹介します。

 

ヒロベソカタマイマイの殻を背負うムラサキオカヤドカリCoenobita purpureus(天然記念物)。日本に生息するオカヤドカリ属は全て国の天然記念物である。

 

 

分類学上、オカヤドカリ属に含まれる種を総称してオカヤドカリと呼んでいます。小笠原諸島においては6種が確認されており、よく見かけるのはムラサキオカヤドカリ、ナキオカヤドカリの2種です。

 

ヤドカリといえば、普段は海の中に暮らしていてあまり陸地に上がる印象はありませんが、オカヤドカリは主として陸上生活を送り、小笠原や南西諸島などの生息地では陸地で人の目に触れる機会も多いのです。

 

南島で目にするオカヤドカリは、絶滅種かつ天然記念物でもあるヒロベソカタマイマイの殻を利用することが多いため、天然記念物が天然記念物の殻を背負うという(何となく)満足度の高い見た目となっています。

 

左上:兄島はカタマイマイ属の殻がひときわ多い。

左下:父島にて、アフリカマイマイの殻を背負った大型のムラサキオカヤドカリ。

右上:時には人工物も利用する。

右下:交尾前ガードを行うオス個体。

 

 

夏の夜、メス個体は腹部に抱えた幼生を海に放出します。その際、交尾相手を探すオスも入り交じり、すさまじい集団となります。

 

繁殖期は昼間でも浜に集合していることがある。

 

 

そして放出された幼生は幼生期を海で過ごし、ゾエア→グラウコトエという段階を経て稚ヤドカリになり、再び陸に上陸するのです。

 

写真右:海中を漂うオカヤドカリ属の幼生(グラウコトエ)。

 

そういえば、冒頭で「人気のペット」と紹介しましたが、天然記念物であるオカヤドカリを捕獲しようものなら文化財保護法に抵触してしまいます。

 

一般に販売されているオカヤドカリは、特定の業者が国の許可を受けて捕獲しているものですので、ご安心ください…。

 

担当:小山田


忍法・影分身の術 其の一

皆さんはここ小笠原諸島に世にも奇妙なヤモリが生息していることをご存じでしょうか、、、?

これはオガサワラヤモリLepidodactylus lugubrisという種で、ヤモリ類としては小型(体長70〜80mm)で、昆虫や花の花粉などを食べます。

小笠原では人家の壁や森林、海岸と様々な場所で見つけることができます。

一見目立った特徴のないフツーのヤモリに見えますよね。

 

しかし、このオガサワラヤモリは全ての個体がメスで、かつクローンという大変不思議な生物です!!

 

つまりメスが交尾なしに卵を産み、そこから母親と遺伝的に全く同じクローンが生まれるわけです。

 

キリスト教の新約聖書によると、イエス・キリストは聖母マリアから処女懐胎によって誕生したと言い伝えられていますが、オガサワラヤモリはまさに同じことを当たり前のようにやってのけているわけです。

 

こういった繁殖様式のことを「単為生殖」(⇔両性生殖)と呼びます。

さて、このオガサワラヤモリは小笠原の名を冠してはいますが固有種でもなんでもなく、実は太平洋インド洋の島々を中心に広く分布しています!

物資などに紛れて人間によって運ばれたとも考えられますが、そういった記録のない地域や無人島にも分布を拡大させていることから、自然分散(流木に乗って流れ着いた、鳥によって運ばれた、など)によって拡がったとも言われています。

なぜこんなにも分布を拡げられたのか、、、?その秘密はやはり単為生殖にあると考えられています。

 

下の絵のように、一般的な両性生殖種が他の島や大陸に分布を拡げるには、多くの確率の低い行程が不可欠で、しかもそれらが何度も起こる必要があります。

いかに奇跡的な確率かおわかりいただけるかと思います。

 

一方で単為生殖種の場合は、子孫を残すのにオスも交尾も必要ないため、以下の行程だけでいいのです。

よって分布を拡げられる確率が両性生殖種に比べて格段に高いのです。

これはとんでもないアドバンテージです。

 

海洋島である小笠原諸島でオガサワラヤモリがたくさん見られるのもそのためなのでしょう。

 

他にも、オガサワラヤモリについて色々な興味深い事実が明らかになっています。

それらの紹介はまたの機会に!

 

担当:村上

 

参考文献

MURAKAMI, Y., SUGAWARA, H., TAKAHASHI, H., AND HAYASHI, F. 2015. Population genetic structure and distribution patterns of sexual and asexual gecko species in the Ogasawara Islands. Ecological Research 30: 471–478.

RADTKEY, R. R., DONNELLAN, S. C., FISHER, R. N., MORITZ, C., HANLEY, K. A., AND CASE, T. J. 1995. When species collide: the origin and spread of an asexual species of gecko. Proceedings of the Royal Society of London B 259: 145–152.

YAMASHIRO, S., TODA, M., AND OTA, H. 2000. Clonal composition of the parthenogenetic gecko, Lepidodactylus lugubris, at the northernmost extremity of its range. Zoological Science 17: 1013–1020.

 


甲の薬は乙の毒

危険生物が少ない小笠原諸島ですが、キョウチクトウ科植物やコハマジンチョウ、一部のハチ類、ムカデ類、クモ類、外来種のオオヒキガエルなど、毒をもつ生物もいくつか知られています。その中でも特に危険で、被害件数の多い生物が、このカミキリモドキです!

ランプムシやデンキムシとも呼ばれていたりしますよね。小笠原では夏の夜に家の電灯や自動販売機などに集まっているのをよく見かけます。

カミキリモドキ科Oedemeridaeは、その名のとおりカミキリムシによく似ていますが、分類学上は互いに大きく異なります。小笠原諸島にはオガサワラハイイロカミキリモドキとマツムラカミキリモドキの2種が分布しており、前者は小笠原固有亜種になります。体長はいずれも10〜15mm程度で、花粉食で花に集まります。

 

この一見ただの小さな昆虫が、体内にカンタリジンという血管刺激物質を含む揮発性の猛毒を持っていて、かつてはこの成分が暗殺に使われたこともあるんだとか!実際、カミキリモドキが身体に止まった際に知らずに潰したり刺激したりすると、毒液を分泌します。毒に触れたまま放っておくと、数時間で火傷に似た痛みと水ぶくれができ、やがてこれがカサブタになり、かゆみを伴います。完全な治癒までにはなんと2週間程度もかかるのです(症状には個人差があります)!

小笠原諸島の多くの昆虫たちが、グリーンアノールをはじめとする外来種によって数を減らしている中、カミキリモドキたちはこのカンタリジンのおかげで生き残ってきたのかもしれませんね。

しかしながら、カミキリモドキは自身の防御のためだけにこの毒を使うわけではなく、恋人へのプレゼントとしても利用しているのです!カミキリモドキは交尾の際に、オスからメスへカンタリジンが精子とともに渡され、メスは受け取った毒を自分の卵を守るための防御物質として利用しているのです。なかなかキザですよね!このように求愛や交尾の際にオスがメスに贈り物をすることを「婚姻贈呈」といいます。

さらに!他の生物種がカンタリジンを利用しているとの報告もあります!

ヌカカ科のヒラタヌカカ属は、主にカミキリモドキの血液を餌とすることが知られています。そのため、カミキリモドキが出すカンタリジンの匂いを辿って餌の居場所を特定していると考えられています。実際に、小笠原諸島に分布するAtrichopogon snyderiというヌカカがカンタリジンに誘引されることが報告されています。

そのほかにも、いくつかの科の一部の種がカンタリジンに誘引されることが知られており、誘引される理由も以下のように様々です。

  • アリモドキ科・アカハネムシ科:防御物質獲得のため
  • アリ科・テントウムシダマシ科・コガネムシ科:利用する餌の匂いがカンタリジンと似ているため
  • トゲアカザトウムシ科:カンタリジン(もしくはその類似物質)を集合フェロモンとして利用しているため

 

いかがでしたでしょうか。

毒を嫌がるものもいれば、逆に利用するものもいるとは面白いですよね。

嫌われがちなものでも、色々な角度から見てみると、知らなかった素敵な一面が見えてくるかもしれません。

 

村上

 

参考文献

  • Borkent A, Rocha-Filho LC (2006) First record of female adult Atrichopogon Kieffer (Diptera: Ceratopogonidae) biting in the Neotropical Regeon. Proceedings of the Entomological Society of Washington, 108: 998–1001.
  • Hashimoto K, Hayashi F (2014) Cantharidin world in nature: a concealed arthropod assemblage with interactions via the terpenoid cantharidin. Entomological Science, 17: 388–395.
  • 橋本晃生(2015)カンタリジンを誘引剤として用いた特異な昆虫類の採集法.昆虫と自然,50(1): 12–14.
  • Hashimoto K, Hayashi F (2016) Cantharidin world on islands: species diversity of canthariphilous arthropods in the Izu–Ogasawara Arc. Entomological Science, 19: 432–439.
  • Hashimoto K, Sugawara H, Hayashi F (2016) Sclerotised spines in the female bursa associated with male’s spermatophore production in cantharidin-producing false blister beetles. Journal of Insect Physiology, 93: 18–27.
  • Horiuchi K, Hashimoto K, Hayashi F (2018) Cantharidin world in air: spatiotemporal distributions of flying canthariphilous insects in the forest interior. Entomological Science, 21: 306–314.

小笠原の夏の風物詩

夜な夜なバシンバシン!と砂浜から聞こえてくる奇妙な音。

小笠原になじみのある方ならお分かりの方も多いことでしょう。

そう、アオウミガメの産卵です!

アオウミガメ Chelonia mydas

 

ここ小笠原では刺身や煮物といった郷土料理としても親しまれているアオウミガメですが、初夏になると産卵のため、そこら中の砂浜に上がってきます。

今年も早速、砂浜で穴を掘っている母ガメを見ることができました。

 

明け方まで掘り続けていたこの個体は、発見してからしばらくして海へ帰っていきました。

1シーズン内のアオウミガメ1個体あたりの産卵は、1度きりでなく2週間おきに2〜5回ほど産卵すると言われており、この個体もまた近いうちに卵を産みにどこかの砂浜に上がってくることでしょう。

 

アオウミガメが歩いた跡(タートル・トラック)

 

担当:芦澤


宅地のアマサギ

ブログのネタ探しにパラパラとスマホの写真を見ていたら、ん?と思う写真が↓

 

2018年10月 父島住宅地(?)にて

(右の写真、おしりのあたりが・・・あっ・・!)

 

ん〜、今見ても違和感。

 

この鳥、アマサギ Bubulcus ibis と言って、渡りの途中で小笠原に立ち寄る個体を見かけます。

が・・・

本州の感覚でいうと「アマサギって水辺とかにいるよね・・・??君がいるの、近くに河川があるとはいえ住宅地なんだけど・・・。」と撮影しながら心の中で突っ込んでいた記憶があります。

 

他の陸地から遠く離れた洋上にポツンと浮かぶ小笠原では、島の大きさなのか、田んぼや河川が少ないからなのか、長距離の渡りで疲れたからなのか、このアマサギのように普段の生息地とはちょっと違う環境でウロウロしている姿がみられることがあります。

 

やっとこさ辿り着いたら、

「自分の家だろうが、他人の家だろうが、とにかく休憩できれば関係ない!巣作るわけじゃないし。」みたいな感じなのかしら。笑

 

そんなことを思いながら写真を見ると、少しルンルンして見えてくる♪

 

涌井


決死の大移動

父島では夜間の路上でしばしば生き物に出会うことがあります。

世界各地でみられるクマネズミや特定外来生物のオオヒキガエルなど、外来種がその多くを占め、車に轢かれて煎餅のようになっている姿がよくみられます。

6月頃にはシロアリが大量発生するため、夢中になって食べているときに轢かれてしまうこともあるようです。

 

オオヒキガエル(Rhinella marina)     クマネズミ(Rattus rattus)

煎餅になったオオヒキガエル。哀愁を感じる

 

3月頃になると、ひときわ大きい影を見かけます。

オガサワラモクズガニ Eriocheir ogasawaraensis

 

オガサワラモクズガニです。

本土に生息するいわゆる「モクズガニ」とは形態的に異なることがわかり、2006年に新種記載された小笠原の固有種(環境省レッドリスト絶滅危惧粁燹VU))で、遺伝的にも違いがあるようです。

なぜ彼らが死のリスクを冒してまで移動するのか、その理由は繁殖のためです。

モクズガニは主に河川の淡水域に生息していますが、卵から孵化した幼生は海域でなければ生きていけません。したがって、繁殖をする個体は河川を下る必要があるのです。

海域である程度まで成長した個体は河川を遡上し、成体になるまで淡水域で暮らします。

 

オスとメスで腹部(ふんどし)の形態が異なる。

白いオガサワラモクズガニ。色素異常だろうか。

 

一度繁殖に参加した個体は二度と河川に戻ることなく、その一生を終えます。

決死の大移動、オガサワラモクズガニを見かけても食べたりせず、見守ってあげてください。

 

 

担当:小山田


過度に角??カドカドガイ!

みなさんはご存知でしょうか。

カタツムリの楽園と謳われたこの小笠原にあって、ひときわ奇妙な陸貝のことを…。

陸産貝類と言えば、読んで字のごとく陸に生息する貝を指しますが、今回ご紹介する陸貝(?)は海辺に住んでいるんです!

 

今回探したのは、こんな潮もかぶって石がごろごろするところ。

 

しばらく探し続けていると…いました!!

(アップで撮っていますが、実寸は殻の大きさ2伉度です。ちっちゃい!)

 


カドカドガイ属の1Ditropisena sp.(固有種/天然記念物)

 

名前も奇妙なこのカドカドガイはカワザンショウガイ科の仲間で、この科に属する貝は種によって淡水域や海水域、陸域と幅広い生息域を有しています。小笠原では、同科の種の多くが陸域に生息していますが、このカドカドガイは頑なに海辺から離れず…。飛沫帯の転石をえっちらおっちらひっくり返し続け、ようやくお目にかかれました。

いったいそこの何がお気に入りなんだろうか(笑

 

担当:芦澤


淡水のフナムシ、ナガレフナムシ

私は、幼少期から趣味で川の生き物を探し続けている川好きです。

小笠原といえば、川より海に目が行ってしまいがちですが、川にも面白い生き物がいるんです。以前にオガサワラヨシノボリのブログを書きましたが、今回は固有のフナムシを紹介します。

 

さて、フナムシといえば、海岸にいるゴキブリのような生き物という印象が強いのではないでしょうか。同じ節足動物には属していますが、ゴキブリは昆虫類、フナムシは甲殻類でダンゴムシなどに近い仲間です。

海岸で寝ながら釣りをしていると足を齧ってきたりする、ちょっと凶暴な一面を持つフナムシですが、小笠原には山間の渓流部などに生息する「ナガレフナムシ」なるフナムシが存在します。

ナガレフナムシ(Ligia torrenticola)固有種。

 

ナガレフナムシは2011年に新種記載された種で、淡水域を好み、海岸部では見られません。

何ゆえに、彼らは海を離れ淡水域で生息することを選んだのか。それは今後の研究で解明されていくのかもしれません。

因みに、私はナガレフナムシに足を齧られたことはありません。ちょっと臆病なのかもしれませんね。

 

小笠原には他に海岸に生息するアシナガフナムシや、母島の山間部に生息する、純陸棲の種であるオガサワラフナムシが確認されています。フナムシの仲間が小笠原の中だけでこれほど多様な環境に適応しているのは、驚きというほかありません。

 

ナガレフナムシを撮影していたら、他の生き物の写真も撮れたので、載せておきます。

お時間があれば、ご覧ください。

ヤマトヌマエビ(Caridina multidentata)広域分布種。

水槽のコケ取りとして、ペットショップでおなじみ。

オオウナギ(Anguilla marmorata)広域分布種。

熱帯域に広く分布し、小笠原の河川ではよく見られる。

 

担当:小山田


北海道から見た小笠原

  先々月、北海道の富良野の森に行ってきました。季節がら、小鳥の混群(いろいろな種類が一緒になった群れ)が移動していきます。

シジュウカラ、ハシブトガラ、コガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、シマエナガ、コゲラ、アカゲラ、キバシリなどがどんどんやって来ては去っていき、ちょっとしたbird wave(東南アジアなどで見られる、多くの種類とものすごい数の鳥の移動)です。特に、シマエナガ(エナガの北海道亜種)がものすごくcuteです。国内では、ベスト3にはいる可愛い鳥ですね。

シマエナガ

エナガの亜種で、北海道に留鳥として分布する。頭部全体が白いのが特徴。

 

でも、小笠原の皆さん、島のハシナガウグイスも匹敵するほど素敵ですよ。私は、メグロよりある意味、価値のある鳥だと思っています。

そんなことを考えていたら、オオアカゲラがクルミの実を隠そうと、森の中をウロウロし始めました。この鳥は深い森の象徴です。森は大事にしたいですね。

ハシナガウグイス

ウグイスの亜種で、小笠原諸島に留鳥として分布する。本州に生息するウグイスに比べて、やや小型で嘴が長く見える。

 

担当:松本



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。