MYマイマイ〜小笠原小学校でのマイマイ授業2019・後編〜

11月と12月に、小笠原小学校の1年生に向けてマイマイ授業を4回にわたり行いました。

第1回、第2回の授業では、マイマイという生き物について学習し、実際に身近にいるマイマイをつかまえました。

3回目の授業では、小笠原にしか住んでいない、固有のマイマイであるカタマイマイについて学習します。

 

小笠原世界遺産センター

 

固有のマイマイを飼育している世界遺産センターにみんなで移動します。まずはカタマイマイがどうやって遠い小笠原にやってきたのか、どうしていろいろな種類がいるのかを学習しました。ところどころ、今までの授業の内容でも触れた内容だったのですが、私が質問をするとみんなしっかり覚えてくれていて、正しく答えてくれました。

 

また、普段は入ることのできない保護増殖室の中では、飼育しているコハクアナカタマイマイに餌をあげました。よく耳を澄ませると、マイマイが餌を食べる音が聞こえます。にぎやかだった子供たちも静まり返り、真剣に音を聞いていました。

マイマイが餌を食べる音に耳を澄ませる生徒

4回目、最後の授業では、2回目の授業から飼育をしていたウスカワマイマイを元居た場所に返す、お別れ会を行いました。

今まで勉強に付き合ってくれたお礼を込めて、生徒たちが考えた方法でお見送りをします。枝と落ち葉で作ったマイマイハウスを建てて、マイマイの好きな野菜をハウスに入れてあげました。

マイマイハウス

ありがとう、ウスカワマイマイ。

4回の学習を通じて、初めはマイマイの苦手だった生徒もいましたが、最後にはみんながマイマイのことを好きになってくれました。

お別れ会

 

マイマイがきかっけとなって、ほかの生き物にも興味を持ってくれると嬉しいですね。

以上、全4回のマイマイ授業の内容をお届けしました。

 

伊藤


MYマイマイ〜小笠原小学校でのマイマイ授業2019・前編〜

11月と12月に、小笠原小学校の1年生に向けてマイマイ授業を4回にわたり行いました。

一年生のみんなにも、マイマイを知ってもらい、好きになってもらいたい、そんな思いで授業をさせていただきました。

 

1回目の授業では、マイマイの体やさまざまな種類について勉強しました。

 

質問に元気よく返事をする生徒たち

 

小笠原には長い年月をかけて独自に進化した固有のマイマイが数多く生息しています。しかし、残念ながら私たちの住んでいる父島では、外来生物などの影響によって現在ではほとんど見ることができなくなってしまいました。ですが、外来種のマイマイであれば街中でも簡単に見つけることができます。

授業では、外来種のオキナワウスカワマイマイにも協力してもらい、マイマイの体や歩き方や食べ物の話などをクイズで紹介しました。

クイズではみんな正解を連発、さすがに小笠原の子供たちはよく知っています。

 

2回目の授業では、小学校の中でマイマイを探しました。

1回目の授業で勉強した、マイマイの好きそうな場所を思い出しながら、みんな一生懸命探してくれました。

 

マイマイを探す生徒

 

つかまえたマイマイを育てるケースも準備します。マイマイに思い思いの名前を付けて、今日の授業は終了です。

今日つかまえたマイマイはこれから2週間、生徒たちがお世話をします。

マイマイたち、元気に育ってね

飼育ケースのようす

伊藤


ハンミョウお面を作ってみよう!

オガサワラハンミョウという虫をご存知ですか?

以前は父島にも生息していましたが、今は兄島にしか生息していない、貴重な昆虫です。

 

昨年開催されたハンミョウのイベント、「遊んでみようオガサワラハンミョウ!」の中で、オガサワラハンミョウのお面を作ってみようという企画がありました。

今回は、ネットを通じてご覧になっている皆様にも、ハンミョウお面を作ってもらおう!ということで、まずは・・・

 

 _爾離ぅ薀好箸鯤歛犬靴討ら、A4サイズの紙に、拡大縮小せずに印刷してください(厚紙に印刷したほうが作りやすいです)。

 

▲ぅ薀好箸鮖罎ら切り抜いてください。

7蠅鬚△韻泙后“あな”と書いてある部分に穴をあけてください。

だ擇蠎茲辰織ぅ薀好箸髻穴をあけたお面本体にのりを使って貼ってみましょう。

ズ埜紊忘険Δ涼爾砲△觀蠅砲魯乾爐鯆未掘⊆にかけられるようになったら完成です。

 

これをかぶれば、ハンミョウになりきれますよ!

 


Myマイマイ〜小笠原小学校のマイマイ授業〜

自分のお気に入りって、誰でも何かしらありますよね?

 

マイマイ(かたつむり)の楽園、小笠原。

そんな小笠原に住む小学生たちの“お気に入り”にマイマイを加えるべく、小笠原小学校でマイマイの授業をしてきました!

 

元気いっぱいの1年生!

マイマイの説明をしていると、「それ知ってる!!!」の声。さっすが小笠原の小学生★

マイマイのウンチは、食べたものと同じ色になることも知っていて、先生、形無しです・・・。

 

・・・が!さすがに青いウンチの正体はわからなかったみたい。

「何を食べたと思う?」と訊いたら、ブルーハワイ!玉ねぎの皮!とのこと。みんなが知らない質問を出せて、やっと名誉挽回です!さぁ!みなさんは何だと思います??

 

そして、最後はマイマイの針山登り(剣山)や綱渡り(釣り糸)を披露。「がんばれー!」と声援をいただきました。はー、とっても素直な1年生たちでした〜@”

 

今回だけでも1年生のマイマイ熱があがっているのを感じましたが、実はまだ終わりではないのです!

この授業、環境省と小学校がタイアップしており、環境省事業として行っております。今回は“マイマイ”という生き物の紹介でしたが、今度は世界遺産センターを使って“小笠原のマイマイ”の授業をする予定。

 

もっと楽しい授業になるよう、企画練り練り!がんばります!

ちなみに青いウンチは、青い紙を食べて出たウンチでした♪♪

 

 

♪小笠原小学校のHPにものせて頂きました♪

http://www.ogashou.ogasawara.ed.jp/news/1542/

 

 

涌井

 


南国フルーツ

 

本州が気温40度超えの酷暑となっていた7月下旬、小笠原の最高気温は30度ほどで、気持ちの良い風の吹く避暑地となっていました。

ですが、年間を通じた小笠原の気温はやはり高く、気候区分は亜熱帯に属します。

今回は、亜熱帯・小笠原で食べた南国フルーツを紹介します。

 

まずはこちら。

 

―写真1 緑の六角形で覆われたフルーツ

 

トウモロコシくらいのサイズ、重さ300gほどのずっしり感、お値段900円とお高めです。

ありがたいことに、同じ宿を利用していたお客さんにお裾分けしていただきました。

最初にこのフルーツを見た私たちは、緑の六角形の部分が食べられるのだろうと思い、熟してポロポロと取れる六角形をお皿へ集めました。

 

そして宿のお母さんへ、

「おかあさーん、これ食べたいので洗ってくださーい」

 

するとお皿の中を見たお母さんは大爆笑です。

「ここは食べるところじゃないわよ〜 食べるのはもっと内側のじゅくじゅくしたところ!」

 

なるほど、確かによく見ると内側に、ねっとりと熟したところがあります。

どうやらここが食用になるらしいです。

 

―写真2 光沢のある薄黄色部分が食用

 

ところで、このフルーツをつける植物はいったい何かというと、サトイモ科の通称モンステラです。

フルーツとして売られていたのは肉穂花序という部分です。

 

―写真3  Monstera deliciosa 通称モンステラ(北大植物園にて撮影)

 

サトイモ科というと根茎を食べるサトイモもありますが、ミズバショウやザゼンソウ、テンナンショウ属、クワズイモなどのようにほとんどが食用には不向きです。(クワズイモなんてその名の通りですね。)

ですが、こちらのモンステラは学名がMonstera deliciosaで、種小名はdeliciousと語源を同じにしています。

つまり、モンステラ属の中でも美味しい種ということです!

(ちなみにMonsteraはラテン語で怪物を意味するmonstrum(いわゆるモンスター)に由来するらしいです。葉の切れ込みの形に由来するのでしょうか。)

 

 

さてさて、話は戻ってモンステラのお味はというと、、、甘酸っぱい!

ねっとりした舌触りに強い甘みが乗っていますが、最後に少し酸味があります。

他の食べ物に例えるなら、甘さはバナナ、最後の酸味はパイナップルです。

 

この肉穂花序は下方から上方へ徐々に熟していきますが、未熟部分はシュウ酸カルシウム(有毒)が残っている可能性が高く食用には不向きです。

一週間くらいかけて少しずつ摘んでいくのが美味しい食べ方だそうな。

小笠原で購入し、自分でもつまみながら持ち帰れるお土産フルーツとしてオススメです。

 

 

[おまけ]

宿の庭ではミラクルフルーツ(赤い果実、アカテツ科Synsepalum dulcificum)も育てているそうで、食後のデザートにいただきました。

 

―写真4 写真左:レモン 写真右:ミラクルフルーツ

 

ミラクルフルーツは種子の周りの果肉にミラクリンという物質が含まれています。

果肉を舌でよーく転がしてからレモンを食べると、、、

なんと、レモンが甘−い!全く酸っぱくない!!不思議!

 

 

亜熱帯・小笠原には、本州であまり出回らない南国フルーツが盛りだくさんです。

島内売店で見かけたらぜひ一度お試しください。

 

担当:田村


二度目の参戦、例大祭相撲大会

2017年11月2日、今年も例大祭相撲大会に参戦しました。個人戦77名、団体戦14チーム(1チーム5名)のエントリーです。昨年は、個人戦、団体戦とも初戦敗退で、取り組み時間は2つ合わせて5秒程度で終わってしまい、今年こそ初勝利をと臨んだ大会です。

 

個人戦は、初戦が団体戦2連覇(今年も優勝したので3連覇になりました)さくらドロップの一角を担う相手、強敵です。いつものように突貫するのみと立ち合い突っ込みましたが、相手が右にかわり、とっさについていって右上手をとれたので、そのまま土俵際での上手投げが決まりました。場内は大番狂わせに大騒ぎで自分でも何が何だかわからないうちの初勝利でした。動画があれば是非もう一度見たいものです。

 

二戦目は、大人気の高校生が相手です。まわしをとられると勝ち目は薄いですが、私の方が体は大きいので低く当たって押し出せば勝機もあるはずです。立ち合い、思い通りの当たりで相手を押して、土俵際そのままあびせ倒すような形で勝つことができました。

個人戦の二戦目 土俵際まで押して浴びせ倒しでの勝利

なんとかベスト16に残ることができましたが、ここから先は全員実力者ぞろいです。三戦目は、役場の方で私よりも随分体格のいい相手です。いつものように突貫しましたが押すことができず、両差しを許してあっさり投げられてしまいました。完全な力負けです。

個人戦の三戦目 土俵中央でもろ差しを許し下手投げでの敗戦

団体戦は、大神山Aチームとして漁協Bチームと最初に対戦しました。一回戦は3対2で勝ち越し、何とか次にすすむことができましたが、二回戦の支庁チームには2対3で負けてしまいました。しかし、団体戦はチームで戦うので、同じチームの仲間と連帯感が生まれ、応援にも熱が入りました。

団体戦の一回戦 低く当たって押し出しでの勝利

今回の相撲大会は、初勝利はもちろんですが、個人戦はベスト16まで進むことができ、はじめて懸賞金もいただきました。団体戦でも2戦とも勝つことができたので、正直できすぎだったと思います。島の友人や知人からも応援してもらい、顔と名前も覚えてもらったので、本当に出てよかったと思います。来年以降も出場するつもりです。

 

北浦


アウトリガーレース(貞頼杯人力発見レース)観戦

7月17日、海の日(祝日)に扇浦で開かれたアウトリガーレースを観戦しに行きました。毎年、開催されているようですが、観戦したのは今回が初めてでした。

朝9時に扇浦に着くと、ちょうど開会の挨拶が始まるところでした。バドミントン仲間に応援を頼まれて見に来たのですが、たくさんの人が参加しているのに驚きました。

アウトリガーレースは、男子、女子、それに男女混合の3つの組に分かれて、各組1チーム4名からなるチーム同士で対戦します。赤と白のアウトリガーに乗って競うわけですが、各組の上位4チームが午後の部の決勝に進むタイムレースです。スタートの合図とともに砂浜に置いた船を押して海に出ます。それから櫂で船をこいで100mほど離れたブイを回って砂浜に建てられたフラッグをとるまでの時間を競います。船をこぐ体力はもちろんですが、櫂を舵代わりにして如何に早くブイを回って帰ってくるのかが勝負の分かれ目のようです。

赤(左)、白(右)のアウトリガーが沖のブイを回って砂浜を目指し(上段)、砂浜のフラッグに飛び込む(下段)

参加チームは、大人のチームだけで63チーム、1チーム4名だと約240名もの人がレースに参加したことになります。知った人がたくさんいて、コスチュームもただの水着だけでなくインディアン、看護師、防護服など様々で見ているだけでも飽きません。

午前中に予選が行われて、午後から各組ベスト4による準決勝、決勝が行われました。ベスト4の争いになるとどのチームもほとんど力に差がなく、決勝戦はどの組も2分台前半の息詰まる対戦ばかりでした。

女子と混合の優勝チームに1名ずつマイマイケアスタッフが入っていたのに驚きました。普段はあまり見せませんが、腕力も一級品ですね。ご苦労様でした。来年は、見るだけでなく是非参加したいものです。

午後の部各組ベスト4の対戦結果(左から、男女混合、女子、男子)

北浦


第2回ときわ杯記念春季野球大会に参加して

4月末から第2回ときわ杯記念春季野球大会に参加しました。高校グラウンドが5月から翌年3月まで改修工事に入るため年度内最初で最後の大会となります。

 

今大会は、キャプテンでキャッチャーの港くんとムードメーカーで守備の要の吉留さんという主力2名が帰京し、出場そのものが危ぶまれましたが、何とか参加にこぎつけることができました。

わが自然研チームは初戦優勝候補のPBCとの対戦となりましたが、予想通り20対1(4回コールド)の大敗でした。敗者復活戦の第2戦は、メンバーが揃わず不戦敗となりました。人数をそろえられず野球連盟役員ならびに対戦相手の皆様にはご迷惑をかけてしまいました。

 

大会の方は、JokeSが優勝し、準優勝が村役場B、3位がPBCと村役場Bとなり、熱い熱戦が終わりました。

今大会は、蠅箸わさんの小笠原での活動30周年とのことで大会参加費を負担していただいただけでなく、副賞も豪華でした。うちは参加賞でしたが、タオルだけでなく、バスタオルやお酒、マグネットなどたくさんいただき、副賞だけで得をした気分になりました。

来年度は参加できるかどうか分かりませんが、時間があれば練習をしてもう少し恥ずかしくない試合をしたいと思います。

 

北浦


第41回冬季軟式野球大会に参加して

昨年の 12月4日を初戦に参加した第 41回冬季軟式野球大会が、先日2月19日の村役場 A 対漁協の決勝戦を最後に閉会しました。

自然研チームは、初戦の漁協戦にコールド負けしてしまいましたが、第2戦の高校戦には初勝利し、決勝リーグ進出も夢ではない!と盛り上がりました。しかし、その後第3戦の中学戦、第4戦の PBC 戦と相次いでコールド負けし、結局決勝リーグに進むことはできず、予選リーグ B 組で 5チーム中4位の成績に終わりました。

優勝は漁協、準優勝は村役場 A で冬季軟式野球大会が終わり、自然研は参加賞をいただきました。大会に初めて参加した自然研チームは、人数も足りずにどうなることかと思いましたが、無事終了してホッとした気持ちです。

次回大会は、主力が 2名抜けることもあり参加が危ぶまれますが、何とか続けていきたいと思っています。

 

  北浦


世界自然遺産登録5周年記念フォーラムの基調講演(その3)

日中行われた「The Web of Life」展に続いて、午後からはカリフォルニア大学バークレー校でクモの研究をされているギレスピー(Rosemary Grace Gillespie) 先生による、基調講演が行われました。
先生は島の生物進化の研究者として大変有名な方で、特にヒメグモ(ハッピーフェイススパイダー)などのクモの進化生態学が専門とのことでした。
講演では、先生と共に来島したアシュリさんが通訳をして、ハワイなどの島々でのクモ研究の最前線について紹介されていました。
小笠原でのクモ調査で、新種のクモが発見されるなど、まだまだ未解明なことがたくさん残された島であること、他の太平洋の島々でも小笠原と同様に外来種の侵入などの多くの問題を抱えていることが分かり、私たちが行っている保全活動が、世界的にみても画期的な取り組みであることを感じることができました。


今回のフォーラムから学んだ知識や経験、情熱を生かし、5年後に世界自然遺産登録10周年を迎えた時に、小笠原の自然を世界に誇れる活動をこれからも実践していきたいと思います。
 



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。