淡水のフナムシ、ナガレフナムシ

私は、幼少期から趣味で川の生き物を探し続けている川好きです。

小笠原といえば、川より海に目が行ってしまいがちですが、川にも面白い生き物がいるんです。以前にオガサワラヨシノボリのブログを書きましたが、今回は固有のフナムシを紹介します。

 

さて、フナムシといえば、海岸にいるゴキブリのような生き物という印象が強いのではないでしょうか。同じ節足動物には属していますが、ゴキブリは昆虫類、フナムシは甲殻類でダンゴムシなどに近い仲間です。

海岸で寝ながら釣りをしていると足を齧ってきたりする、ちょっと凶暴な一面を持つフナムシですが、小笠原には山間の渓流部などに生息する「ナガレフナムシ」なるフナムシが存在します。

ナガレフナムシ(Ligia torrenticola)固有種。

 

ナガレフナムシは2011年に新種記載された種で、淡水域を好み、海岸部では見られません。

何ゆえに、彼らは海を離れ淡水域で生息することを選んだのか。それは今後の研究で解明されていくのかもしれません。

因みに、私はナガレフナムシに足を齧られたことはありません。ちょっと臆病なのかもしれませんね。

 

小笠原には他に海岸に生息するアシナガフナムシや、母島の山間部に生息する、純陸棲の種であるオガサワラフナムシが確認されています。フナムシの仲間が小笠原の中だけでこれほど多様な環境に適応しているのは、驚きというほかありません。

 

ナガレフナムシを撮影していたら、他の生き物の写真も撮れたので、載せておきます。

お時間があれば、ご覧ください。

ヤマトヌマエビ(Caridina multidentata)広域分布種。

水槽のコケ取りとして、ペットショップでおなじみ。

オオウナギ(Anguilla marmorata)広域分布種。

熱帯域に広く分布し、小笠原の河川ではよく見られる。

 

担当:小山田


Myマイマイ〜小笠原小学校のマイマイ授業〜

自分のお気に入りって、誰でも何かしらありますよね?

 

マイマイ(かたつむり)の楽園、小笠原。

そんな小笠原に住む小学生たちの“お気に入り”にマイマイを加えるべく、小笠原小学校でマイマイの授業をしてきました!

 

元気いっぱいの1年生!

マイマイの説明をしていると、「それ知ってる!!!」の声。さっすが小笠原の小学生★

マイマイのウンチは、食べたものと同じ色になることも知っていて、先生、形無しです・・・。

 

・・・が!さすがに青いウンチの正体はわからなかったみたい。

「何を食べたと思う?」と訊いたら、ブルーハワイ!玉ねぎの皮!とのこと。みんなが知らない質問を出せて、やっと名誉挽回です!さぁ!みなさんは何だと思います??

 

そして、最後はマイマイの針山登り(剣山)や綱渡り(釣り糸)を披露。「がんばれー!」と声援をいただきました。はー、とっても素直な1年生たちでした〜@”

 

今回だけでも1年生のマイマイ熱があがっているのを感じましたが、実はまだ終わりではないのです!

この授業、環境省と小学校がタイアップしており、環境省事業として行っております。今回は“マイマイ”という生き物の紹介でしたが、今度は世界遺産センターを使って“小笠原のマイマイ”の授業をする予定。

 

もっと楽しい授業になるよう、企画練り練り!がんばります!

ちなみに青いウンチは、青い紙を食べて出たウンチでした♪♪

 

 

♪小笠原小学校のHPにものせて頂きました♪

http://www.ogashou.ogasawara.ed.jp/news/1542/

 

 

涌井

 


北海道から見た小笠原

  先々月、北海道の富良野の森に行ってきました。季節がら、小鳥の混群(いろいろな種類が一緒になった群れ)が移動していきます。

シジュウカラ、ハシブトガラ、コガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、シマエナガ、コゲラ、アカゲラ、キバシリなどがどんどんやって来ては去っていき、ちょっとしたbird wave(東南アジアなどで見られる、多くの種類とものすごい数の鳥の移動)です。特に、シマエナガ(エナガの北海道亜種)がものすごくcuteです。国内では、ベスト3にはいる可愛い鳥ですね。

シマエナガ

エナガの亜種で、北海道に留鳥として分布する。頭部全体が白いのが特徴。

 

でも、小笠原の皆さん、島のハシナガウグイスも匹敵するほど素敵ですよ。私は、メグロよりある意味、価値のある鳥だと思っています。

そんなことを考えていたら、オオアカゲラがクルミの実を隠そうと、森の中をウロウロし始めました。この鳥は深い森の象徴です。森は大事にしたいですね。

ハシナガウグイス

ウグイスの亜種で、小笠原諸島に留鳥として分布する。本州に生息するウグイスに比べて、やや小型で嘴が長く見える。

 

担当:松本


小笠原のウミウシ その2

私は、10年以上趣味でウミウシを探し続けているウミウシ好きです。

このブログに書くのは二回目になりますが、今回もウミウシの紹介です。

今回も小笠原での出張中、仕事の合間の自由時間にシュノーケリングでウミウシを探してきました。

 

ウミウシを探すコツは

・見落とさないように、ゆっくり探す

・カイメンなど、餌となる固着生物が多い場所を探す

・岩の裏も探す

・干潮時に探す

です。

 

―写真1 父島の小港海岸

 

ということで、海岸にやってきました。

 

―写真2 転石の裏 その1

 

まずは手頃なサイズの岩を、ひたすらひっくり返します。

※ひっくり返したら、岩は必ず元に戻しましょう。また、ガンガゼなどでケガをしないように要注意です。

この岩は、カイメンなどがたくさんついていてカラフルな岩ですね(ピンぼけです・・・)。

ここならウミウシがいるかもしれません。

 

―写真3 転石の裏 その2

 

―写真4 モンコウミウシ

 

いました。小さすぎて見落とすところでした。10mm程度。黄色い縁取りと紫の点々が特徴です。

 

これは初めて見ました。

本当にいない場所では、いくら探してもウミウシはいませんが、

岩を5〜10個ひっくり返して一匹見つかれば、かなりの勝率です。すばらしい磯ですね。

この調子で探していきます。

 

―写真5 ホンクロシタナシウミウシ

 

二匹いました。25mm程度。真っ黒い体とコップ状の鰓が特徴です。

―写真6 オカダウミウシ

 

ウミウシの中でも最小も部類です。割とどこにでもいますし、赤いので見つけやすいです。

 

―写真7 ヨゾラミドリガイ

 

草食のウミウシの仲間です。約10mm。名前のとおりの外見です。岩の上にいました。

 

―写真8 ブチウミウシ

 

30mmほどのパンダみたいなウミウシです。昔、インドネシアのマングローブ林の周りでたくさん見かけました。日本で見るのは初めてで、久しぶりの出会いでした。

―写真9 タヌキイロウミウシ

 

60mmほどの比較的大きなウミウシです。洞窟の中にいました。周りに体色と同じ色のカイメンがあるので、これを食べているのではないでしょうか?洞窟の中など暗い場所では、海藻も珊瑚も棲めないため、代わりにカイメンなどウミウシの餌となる固着生物が多い気がします。一方で、暗くて探しづらいのですが・・・。

 

以上です。

ウミウシ探しは、どの種類が見つかるか全く想像できないところにワクワク感があります。それから、そう簡単に姿を見せてくれないところも魅力ですね。

 

大原


この痕跡の主は?

野生動物の調査では、足跡や糞、樹幹に付けられた爪研ぎ痕などの痕跡によって、種類や行動を読み取る「痕跡調査」という方法が用いられています。

 

雪上のテンの足跡、イノシシのヌタ場、樹の鹿の角研ぎ痕、リスなどがマツの実を食べた後に残る”エビフライ”が有名でしょうか。また、この痕跡をフィールドサインと呼んだりします。

 

先日の母島出張で、とある動物の痕跡調査を行ったのでご紹介します。

 

その動物とは…

 

ヒメカタゾウムシです。

 

小笠原諸島に固有の昆虫で、最近の研究では13種類にも分かれていると言われています。これらを総称して、「ヒメカタゾウムシ類」とも呼びます。

 

 

葉上を歩くヒメカタゾウムシ

(左は石門周辺に生息する種類、右は乳房山周辺に生息する種類)

 

実は、昆虫も種類によっては、とても分かりやすい痕跡を残します。

 

このヒメカタゾウムシ、成虫は植物の葉の柔らかい部分を食べていて、その食べ痕はゼリービーンズのような、小さなミミズのような、何とも言いようがない模様です(皆さんは何を思い浮かべますか?)。また、ヒメカタゾウムシが多くいる場所では、周囲の葉にびっしりと食べ痕が残ることもあります。

 

 

 

ヒメカタゾウムシの食べ痕

 

小さなヒメカタゾウムシですが、特徴的な食べ痕はとても目立ちます。ちょっとマニアックですが「痕跡」を頼りにして、この綺麗で愛らしい昆虫を探してみるのはいかがでしょうか!

 

 

〜おまけ〜

ヒメカタゾウムシが食べていた植物

モクタチバナ Ardisia sieboldii

ヒメツバキ schima mertensiana

オオバシロテツ Melicope grisea

フトモモ科(Myrtaceae)の一種

シマホルトノキ Elaeocarpus photiniifolius

アカギ Bischofia javanica

キバンジロウ Psidium cattleianum

オオシラタマカズラ Psychotria boninensis

 

島や地域にもよりますが、ここ母島でのヒメカタゾウムシは、固有種を含む様々な植物に育まれているようです。食べ痕が付いている植物はまだまだ見つかりそうです!

 

〜おまけのおまけ〜

小笠原の植物を調べる時に、とても頼りになる「小笠原植物図譜」という図鑑があります。

いくつかの植物にヒメカタゾウムシの食べ痕がしっかりと写っています。お持ちの方はパラパラとめくってみてください。(私だけかもしれませんが、見つけたときに妙な喜びを感じました…

 

 

※遺産地域に関連する各種法令等を遵守し調査を行っております

※本ブログ内の写真の一部は環境省事業内で撮影しております

永野

 

〜ヒメカタゾウムシ類について〜

体長は5〜7mm内外。おもに在来樹林に生息しており、後翅が退化しているため移動は歩行のみです。小笠原諸島に固有の昆虫で、最近の研究では島や環境ごとに13種類にも分かれていると言われています。写真の種類のように、ラメラメの美しい外見のものや、黒や茶色の地味なもの、住処も樹上や土壌中と様々です。成虫が良く見られる時期は6〜7月と言われています。現在、研究が進められていますが、生活史等にはまだまだ不明な点が残されています。



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。