「意外なところにエイリアンプレデター」

先月末、先生、後輩との研究結果がプレスリリースされました。
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/10/press20170929-02.html
 

ハゴロモの仲間をとらえたリクヒモムシ。撮影したころは俊敏にジャンプする虫をとらえるなんて、偶然のことと思っていたのですが。

 

いくつかのニュースサイトなどでもとりあげていただいていたので、なんとなく話題をみかけた方もいらっしゃるでしょうか。
(動画付きのニュース http://www.asahi.com/articles/ASK9Y3WJ0K9YULBJ009.html?iref=com_alist_8_04

解説はプレスリリースが詳しいので、ぜひそちらもご覧ください。
とにかく、このニョロニョロがかなり俊敏なハンターで、カメレオンのように頭の先から口をびゅっと伸ばして相手を絡めとり、森の土を育むダンゴムシやハマトビムシなどを根こそぎ食べていたのです。

しかし、
ヒモムシって、なに?

例えば、ヒモっぽい生物がそれぞれ何の仲間か考えてみますと、
ヘビは脊椎動物門(魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類)、
ムカデは節足動物門(昆虫、クモ、サソリ、エビ、ダイオウグソクムシなど)、
ミミズは環形動物門(ミミズ、ゴカイ、ヒルなど)、

ナメクジは軟体動物門(カタツムリ、ウミウシ、イカ、タコ、ホタテなど)、
プラナリアは扁形動物門(ナミウズムシ、コウガイビル、ニューギニアヤリガタリクウズムシなど)
です。

では、ヒモムシは?
「紐型動物門」。例えば、ヒモムシとか、リクヒモムシとか・・・

全くなじみがないですよね。多くは海に生息するヒモ状の生物で、私もヒモムシについてはこの種類以外知りません。なかなかふだんは目に触れることがないマイナーな生きもののようです。
ただし、この種類は小笠原にたくさんいるようです。母島では数百匹が道路上に散らばっていて、何か麺類をこぼしたのか、と勘違いされたこともあります。

 

小笠原のリクヒモムシ。目の上にマロの眉毛があるような、意外とキュートな顔をしています。

 

どれもヒモっぽくてあまり特徴がないので、分類が困難。これまで同種だと思われていた海外のリクヒモムシは節足動物を食べないと研究発表されていたのに、小笠原のオガサワラリクヒモムシはたべてしまいます。実は、オガサワラリクヒモムシと名の付くGeonemertes pelaensis は小笠原にはいなく、小笠原のリクヒモムシはオガサワラリクヒモムシではない、他人の空似のようなのです。

 

小さなガをとらえたリクヒモムシ。狩りの場は林床だけじゃない。

 

この研究の最初のきっかけは平成20年度から数年間実施されていた母島南部におけるオオヒキガエル対策(環境省事業)でした。カエルを捕獲して柵をつくり繁殖を阻止するとともに、胃内容物分析や現地の土壌動物を調べていたところ、モリワラジムシが突然不在となる境界があることがわかりました。当初はオオヒキガエルの影響の可能性を検討していたのですが、分布境界が坂の途中、平地など、カエルの障壁になるような環境ではなかったため、結論付けることはできませんでした。
一方、同じ地域で進めていた陸産貝類調査(環境省事業)によってツヤオオズアリによる陸貝の捕食影響が判明し、この影響について内田さんが詳細なデータを取り、発表するに至りました(Uchida etal., 2016)。そしてこの研究の過程で他の土壌動物についても広い分野に渡って影響を調査していたところ、節足動物の不在の分布とヒモムシの在分布が重なるように見えたため、今回の研究がはじまりました。

白いミミズのような生きものが、飛翔する昆虫を狩るなど、思いもよりませんでした。広い視野をもって、先入観を持ちすぎず、様々な可能性を考慮しながら、調査をしていく重要性を再認識しました。
また、別の生物の保全のための調査がきっかけとなり、参加していた若い学生たちが自らの研究テーマを見つけ、学生らしいパワフルな調査結果で発表することが、次の自然環境保全につながるというサイクルは、これからも大切にしていきたいと感じました。

さて、これからどうするか。
小笠原では陸貝をおびやかすプラナリアの対策が見つからず苦しんでいますが、さらに分類や生態が未知な分類群の対策には、もうひとふんばり必要そうです。


リクヒモムシの節足動物への影響に関する論文
Shinobe, S., Uchida, S., Mori, H., Okochi, I., & Chiba, S. 2017. Declining soil Crustacea in a World Heritage Site caused by land nemertean. Scientific Reports 7(1) 12400

ツヤオオズアリの陸産貝類への影響に関する論文
Uchida S., Mori H., Kojima T., Hayama K., Sakairi Y., and Chiba S. (2016) Effects of an invasive ant on land snails in the Ogasawara Islands. Conservation Biology 30:1330-1337
 

森 英章


知って楽しい!伝えて広がる!〜MaiMai World〜

小笠原固有のマイマイ(カタツムリ)たちとその飼育現場を大公開!

世界遺産センター絶滅の危機に瀕している希少なマイマイたちが飼育されています。絶滅危惧であり、大切に大切に飼育しているため、普段はなかなかその姿を間近に見ることはできませんでした・・・

が!!!

そんなマイマイたちに会えちゃうイベントが開催されます!
詳細はこちら↓↓↓

皆さまのご来館お待ちしております♪

涌井


タイトル:母島のカタツムリ 〜これで精一杯なんです・・・なカタツムリ〜

今年の6月、当センターでは環境省事業「小笠原地域自然再生事業陸産貝類域外保全調査業務」として母島のカタツムリ調査を行いました。という記事を書こうと思いながら、調査一段落とともに自転車で転び骨折などしてしまったお陰でupが遅くなりました。。

例年、5〜6月は家中にキノコが生えそうな湿度に苦しめられる小笠原ですが(皮製品は気を抜いているとカビの温床になる)、今年の6月は驚くべき涼しさ!快適さ!カタツムリの好む薄暗い林内でも、流れる汗は爽やかそのもの。この時は、骨折するなんて思いもせず日頃の行いがよいからか〜などと考えていました。

さて調査は、母島の北から南までカタツムリのいる森に行き、そこにいる種類と数を調べるというものです。2012年から行っており、その経年変化を見ることで、貴重なカタツムリ達が元気にしているか、捕食者などによる危機は訪れていないかチェックすることができます。

今回の調査、陸貝担当2年目の私にとっては初の母島調査。もちろん、仕事としては上記のデータ収集が目的ですが、私にはこっそり秘めた目的が・・・!

 
はい!みなさん、上の写真のどこにマイマイがいるかわかりますか?

ここです!ここ!

ちょっと定規で1.5〜2.5mmを見てみてください。・・・そのぐらいのサイズです。笑
その名はキビオカチグサ。

(左:キビオカチグサCavernacmella minima 右:キビオカチグサの近縁種 Cavernacmella sp.B

どちらも小笠原固有種で、右の種類はなんと母島でしか見られない。
マイマイがその殻をつくるために欠かせないカルシウム。その塊ともいうべき石灰岩のラピエに生息する小さな小さなカタツムリ。

普通、カタツムリって「角出せ、槍出せ、目玉だせ〜」の歌詞のごとく、ぬめぬめした身体から長い触角を出し、その先に黒い目がちょんと現れる姿を想像しますよね?

しかし、見てください!

この触角!この目!もう精一杯出てるんです!!笑
なんてキュートなんでしょう。。例えるならば、クマのぬいぐるみの耳のような、ハムスターのちょんと飛び出した尻尾のような、人が可愛い!と思うツボを押さえた触角なんですね。


「カタツムリ?え〜気持ち悪い〜」と思っているそこのあなた。知らないだけでカタツムリの世界は多様です。上のキビオカチグサ2種類も、殻の形がだいぶ違っていますね。小笠原では、島ごとに環境に合わせた進化を繰り返し、姿も生活も多様な多くの固有種がいます。

父島ではニューヤリガタリクウズムシというカタツムリを捕食するプラナリアによって、固有のカタツムリは人前から姿を消しました。人里にいるのは、繁殖力の強い外来種がほとんどです。

でも、母島では、山の上から人里近くまで、まだ多くの固有種が残っています。

父島からプラナリアを持ち込まないように、靴底の泥を海水やお酢で落としたら、いざカタツムリの楽園残る母島へ。

カタツムリの多様な世界の一端を覗きに行ってみてください。
※※母島のカタツムリ達も大切な生き物です。棲みかを荒らさないよう指定ルート上からマナーを守って見てみてね。

 

小笠原事務所 涌井


この昆虫なんでしょう?

この写真に写っている昆虫、何だか分かりますか?そもそも昆虫かどうかさえ疑いたくなる不思議な形をしています。
ムニンアシナガサシガメGardena boninensisという、肉食性のカメムシの仲間です。
小笠原諸島の固有種で、2005年に新種として発表されました。
前足はカマキリの前足と似て鎌の様になっていて、この前足を使ってユスリカなどの小さな節足動物を捕えて体液を吸います。
昨年の秋、父島の林内で、夜間にタコヅルの葉についている所を見つけました。
周辺のタコヅルにもいて、写真のものもあわせて3頭見つけることができました。
林道脇の湿った草地に生息するそうですが、草地だけでなく森の中にも棲んでいて、夜になるとエサの虫を求めて、タコヅルの葉の上に出てくるのではないかと推測しています。
ムニンアシナガサシガメと出会ったことで、小笠原はまだまだ新しい発見が残された島であることを強く感じました。


小笠原海域に咲く一輪の薔薇

先日のこと、自然研小笠原事務所随一の太公望こと私が漁港にて釣り糸を垂らしておりましたら、こんな魚が釣れました。
 
バラハタです。漢字表記で薔薇羽太。その鮮烈な赤色は薔薇の如しです。
小笠原では「ちぎ」と呼ばれています。
下のリアルギョサンがおよそ30cmなので60cmくらいでしょうか。

 

笠原



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。