小笠原寄席(1)「世界遺産」

本日は、小笠原寄席においでいただき、誠にありがとうございます。これから、不定期に、小笠原諸島に関連するお話をして参りたいと思っておりますので、ごひいきにお願いいたします。


「ご隠居さん、いますか」
「おお、これは八さん、お上がんなさい」
「はい、いただきます」
「何を言ってるんだい、食べ物をお上がりと言ってるんじゃないよ、こっちへ上がんなさいと言ってるんだ」
「そんならはじめからそういやいいじゃないか。どっこいしょっと」
「それで何か用かい」
「そうなんですよ、ご隠居は物知りで知らないことはないって評判なんでね、ちょっと聞きたいことがあったんですよ」
「そうかい、まあたいていのことは知ってるよ」
「それじゃ、家のかかあのへそくりの場所知ってますか」
「そんなものはわかりゃしないよ」
「まあ、それは冗談ですが、最近セカイイサンがどうたらこうたらって話を聞いたんですが、胃散なんかほしがるなんて、二日酔いかなんかになったんですか」
「その胃散じゃないよ、世界遺産と言うのは、ユネスコに事務局がある世界遺産委員会というものが定めたもので、後世に残すべき優れた自然や景観、文化などのことさ。日本でも、白神山地や屋久島なんかが真っ先に登録され、最近では、小笠原諸島が登録されたな」
「へー、小笠原さんは遺産がたんまり転がり込んで、大もうけって訳ですか」
「遺産と言っても、お金ではないんだ」
「じゃ、何が転がり込んだんです」
「小笠原諸島は、これまで大陸とは陸続きになったことがない海洋島で、大陸や大きな島からも千キロ以上も離れており、たどり着いた生き物が独自の進化を遂げつつあると言うのが、評価されたんだ。世界遺産と言うのは、小笠原の人がもらうのではなく、世界中の人がもらうということさ」
「えー、それじゃ、逆に損じゃないですか。なんでわざわざそんなことしたんです」
「まあ、世界が認めたすばらしい自然だと言うことで、世界中の人がやってくる様になり、国や都などもそれなりの支援をしてくれる訳さ」
「広告の看板みたいなもんですね」
「これも小笠原が海洋島だったことによるんだ」
「えー、その海洋島ってのはいったいなんです」
「さっきも言ったけど、海洋島と言うのは、島ができてから一度も大陸とつながったことがない島のことなんだ。」
「そんなー、島がくっついたり離れたりするもんですか、最近の芸能界じゃあるまいし」
「まあ、確かに人間の短い一生からすれば、島がすいすいと動いて大陸につながるなんて事はないんだが、数万年数十万年ともなると、海面が低くなってそれまで海だったところが干上がって、陸続きになったりするんだ。特に日本列島の様に大陸に近い島は、大陸棚と言われる浅い海の上にできているので、少し海面が下がっただけで陸続きになった訳だ。八さんが住んでるこの東京だって、大昔には大陸と陸続きになっていたらしい」
「へー、それじゃ昔は歩いてパリにだっていけたんだ」
「まあ、当時はパリなんてないけど、そのとおりだよ。それが証拠には、大陸にしかいないゾウの仲間も日本で化石になって見つかっている」
「ははーん、ゾウも落語聞きにきたかったんですね。そんじゃ、小笠原だってくっついたんじゃないんですか」
「実は、海面が下がると言っても100mとかせいぜい200mくらいなので、1000m以上も深い海を隔てている上に、1000kmも陸からはなれているので、つながることはない。まさに絶海の孤島、海洋島というわけさ」
「へー、ちょっと寂しいですね」
「まあ、その海洋島だからこそ、世界遺産としての価値が認められたって事だね」
「どうりで、カイヨウだけにイサンが効くでしょう」

お後がよろしいようで。

世界遺産の島小笠原父島(小港海岸)

挿絵・文:福山研二(自然環境研究センター客員研究員)


父島で開催!「ハンミョウの知られざる世界」

父島にある小笠原世界遺産センターで飼育しているのは小笠原のマイマイだけではありません!今月はオガサワラハンミョウのイベントを行います!!

かつては、父島と兄島に生息していたオガサワラハンミョウですが、今は兄島で生息が確認されるのみ。。。絶滅が危惧されるオガサワラハンミョウを守るため、世界遺産センターでは日々、保護増殖中!!

イベントでは、関係者以外立ち入り禁止のバックヤードをガイド付きでご案内!飼育の様子やオガサワラハンミョウが間近に見られちゃいます♪♪

小笠原在住の大人も子供も、父島滞在中の観光客皆さんも、12月17日はぜひ世界遺産センターへ♪
※バックヤードツアーは午後からです。
※お申し込みは不要です。

詳細はこちら↓↓

涌井


二度目の参戦、例大祭相撲大会

2017年11月2日、今年も例大祭相撲大会に参戦しました。個人戦77名、団体戦14チーム(1チーム5名)のエントリーです。昨年は、個人戦、団体戦とも初戦敗退で、取り組み時間は2つ合わせて5秒程度で終わってしまい、今年こそ初勝利をと臨んだ大会です。

 

個人戦は、初戦が団体戦2連覇(今年も優勝したので3連覇になりました)さくらドロップの一角を担う相手、強敵です。いつものように突貫するのみと立ち合い突っ込みましたが、相手が右にかわり、とっさについていって右上手をとれたので、そのまま土俵際での上手投げが決まりました。場内は大番狂わせに大騒ぎで自分でも何が何だかわからないうちの初勝利でした。動画があれば是非もう一度見たいものです。

 

二戦目は、大人気の高校生が相手です。まわしをとられると勝ち目は薄いですが、私の方が体は大きいので低く当たって押し出せば勝機もあるはずです。立ち合い、思い通りの当たりで相手を押して、土俵際そのままあびせ倒すような形で勝つことができました。

個人戦の二戦目 土俵際まで押して浴びせ倒しでの勝利

なんとかベスト16に残ることができましたが、ここから先は全員実力者ぞろいです。三戦目は、役場の方で私よりも随分体格のいい相手です。いつものように突貫しましたが押すことができず、両差しを許してあっさり投げられてしまいました。完全な力負けです。

個人戦の三戦目 土俵中央でもろ差しを許し下手投げでの敗戦

団体戦は、大神山Aチームとして漁協Bチームと最初に対戦しました。一回戦は3対2で勝ち越し、何とか次にすすむことができましたが、二回戦の支庁チームには2対3で負けてしまいました。しかし、団体戦はチームで戦うので、同じチームの仲間と連帯感が生まれ、応援にも熱が入りました。

団体戦の一回戦 低く当たって押し出しでの勝利

今回の相撲大会は、初勝利はもちろんですが、個人戦はベスト16まで進むことができ、はじめて懸賞金もいただきました。団体戦でも2戦とも勝つことができたので、正直できすぎだったと思います。島の友人や知人からも応援してもらい、顔と名前も覚えてもらったので、本当に出てよかったと思います。来年以降も出場するつもりです。

 

北浦


挟まるヤツら

タコノキ。
鋭利な棘がある固有植物で、果実(種子)は鉄火味噌や果実酒に利用されるため、父島ではおなじみですね。果実は人が利用するだけでなく、オガサワラオオコウモリやネズミ類も好んで食料としています。また、葉や根の隙間をたくさんの生き物が隠れ家として利用しています。

タコノキPandanus boninensis (固有種) 中央左は果実。

さて、そんなタコノキですが、父島のお隣、兄島ではどんな生き物が集うのか気になりませんか。
森林生態系保護地域のコアエリアのため一般の方は入林できない兄島ですが、グリーンアノールの防除作業で渡島する機会があり、いくつか珍しい生き物を観察することができたのでご紹介します。

さて、写真は兄島のタコノキです。
一見なにもいないのですが、葉の隙間になにやら小さな生き物が。

オガサワラコバネコロギス Neanias ogasawarensis (固有種)

オガサワラコバネコロギスです。
はっきり言って快適には見えません。いかにも窮屈そうなのですが、彼(彼女?)にとっては住みやすいのかもしれません。外敵から身を守るためにはとても有利に見えますね。

アニジマイナゴ Boninoxya anijimensis (固有種)

アニジマイナゴも潜んでいました。
固有植物のシマイスノキを食樹としています。夜な夜なタコノキから這い出てきてシマイスノキを食べているといわれていますが、案外昼間でも見かけることがあります。
 

テナガカニムシ Metagoniochernes tomiyamai (固有種)

テナガカニムシ。
カニムシという生き物はご存知でしょうか…。カニムシの仲間は本土でも広くみられ、主に土中に生息しています。その中でもテナガカニムシは体長5舒幣紊棒長し、雄は蝕肢(ハサミ)が体長の3倍以上にもなる世界最大のカニムシです。

そして夜は…

キノボリカタマイマイ Mandarina suenoae (固有種、天然記念物)

キノボリカタマイマイを見ることができました。
樹上で暮らすカタマイマイで、昼間はめったに見ることができません。
父島で広がってしまったニューギニアヤリガタリクウズムシはまだ兄島に侵入しておらず、固有のマイマイがたくさん残っています。

オガサワラヤモリ Lepidodactylus lugubris

最後に、オガサワラヤモリです。
移入分布といわれていますが、国内で確認されている個体は、単為生殖という雌だけで繁殖する生態が知られており、とても興味深い生き物です。

いかがでしたか。今回紹介させていただいた生き物の中で、オガサワラコバネコロギスとオガサワラヤモリ以外は残念ながら父島で見ることはできませんが、海を隔ててわずか500m程度の島に、守るべき貴重な生き物が残っていることを少しでも知っていただければ幸いです。

 

小山田


「意外なところにエイリアンプレデター」

先月末、先生、後輩との研究結果がプレスリリースされました。
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/10/press20170929-02.html
 

ハゴロモの仲間をとらえたリクヒモムシ。撮影したころは俊敏にジャンプする虫をとらえるなんて、偶然のことと思っていたのですが。

 

いくつかのニュースサイトなどでもとりあげていただいていたので、なんとなく話題をみかけた方もいらっしゃるでしょうか。
(動画付きのニュース http://www.asahi.com/articles/ASK9Y3WJ0K9YULBJ009.html?iref=com_alist_8_04

解説はプレスリリースが詳しいので、ぜひそちらもご覧ください。
とにかく、このニョロニョロがかなり俊敏なハンターで、カメレオンのように頭の先から口をびゅっと伸ばして相手を絡めとり、森の土を育むダンゴムシやハマトビムシなどを根こそぎ食べていたのです。

しかし、
ヒモムシって、なに?

例えば、ヒモっぽい生物がそれぞれ何の仲間か考えてみますと、
ヘビは脊椎動物門(魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類)、
ムカデは節足動物門(昆虫、クモ、サソリ、エビ、ダイオウグソクムシなど)、
ミミズは環形動物門(ミミズ、ゴカイ、ヒルなど)、

ナメクジは軟体動物門(カタツムリ、ウミウシ、イカ、タコ、ホタテなど)、
プラナリアは扁形動物門(ナミウズムシ、コウガイビル、ニューギニアヤリガタリクウズムシなど)
です。

では、ヒモムシは?
「紐型動物門」。例えば、ヒモムシとか、リクヒモムシとか・・・

全くなじみがないですよね。多くは海に生息するヒモ状の生物で、私もヒモムシについてはこの種類以外知りません。なかなかふだんは目に触れることがないマイナーな生きもののようです。
ただし、この種類は小笠原にたくさんいるようです。母島では数百匹が道路上に散らばっていて、何か麺類をこぼしたのか、と勘違いされたこともあります。

 

小笠原のリクヒモムシ。目の上にマロの眉毛があるような、意外とキュートな顔をしています。

 

どれもヒモっぽくてあまり特徴がないので、分類が困難。これまで同種だと思われていた海外のリクヒモムシは節足動物を食べないと研究発表されていたのに、小笠原のオガサワラリクヒモムシはたべてしまいます。実は、オガサワラリクヒモムシと名の付くGeonemertes pelaensis は小笠原にはいなく、小笠原のリクヒモムシはオガサワラリクヒモムシではない、他人の空似のようなのです。

 

小さなガをとらえたリクヒモムシ。狩りの場は林床だけじゃない。

 

この研究の最初のきっかけは平成20年度から数年間実施されていた母島南部におけるオオヒキガエル対策(環境省事業)でした。カエルを捕獲して柵をつくり繁殖を阻止するとともに、胃内容物分析や現地の土壌動物を調べていたところ、モリワラジムシが突然不在となる境界があることがわかりました。当初はオオヒキガエルの影響の可能性を検討していたのですが、分布境界が坂の途中、平地など、カエルの障壁になるような環境ではなかったため、結論付けることはできませんでした。
一方、同じ地域で進めていた陸産貝類調査(環境省事業)によってツヤオオズアリによる陸貝の捕食影響が判明し、この影響について内田さんが詳細なデータを取り、発表するに至りました(Uchida etal., 2016)。そしてこの研究の過程で他の土壌動物についても広い分野に渡って影響を調査していたところ、節足動物の不在の分布とヒモムシの在分布が重なるように見えたため、今回の研究がはじまりました。

白いミミズのような生きものが、飛翔する昆虫を狩るなど、思いもよりませんでした。広い視野をもって、先入観を持ちすぎず、様々な可能性を考慮しながら、調査をしていく重要性を再認識しました。
また、別の生物の保全のための調査がきっかけとなり、参加していた若い学生たちが自らの研究テーマを見つけ、学生らしいパワフルな調査結果で発表することが、次の自然環境保全につながるというサイクルは、これからも大切にしていきたいと感じました。

さて、これからどうするか。
小笠原では陸貝をおびやかすプラナリアの対策が見つからず苦しんでいますが、さらに分類や生態が未知な分類群の対策には、もうひとふんばり必要そうです。


リクヒモムシの節足動物への影響に関する論文
Shinobe, S., Uchida, S., Mori, H., Okochi, I., & Chiba, S. 2017. Declining soil Crustacea in a World Heritage Site caused by land nemertean. Scientific Reports 7(1) 12400

ツヤオオズアリの陸産貝類への影響に関する論文
Uchida S., Mori H., Kojima T., Hayama K., Sakairi Y., and Chiba S. (2016) Effects of an invasive ant on land snails in the Ogasawara Islands. Conservation Biology 30:1330-1337
 

森 英章



プロフィール

最近の記事

記事区分

過去の記事

リンク

others

自然研小笠原ブログに掲載される記事や写真等の著作権は、(一財)自然環境研究センターまたは撮影者に帰属します。